~森と海を育む~ 企業の森づくり

■平成24年12月5日 実施方針が改正されました

 詳しくは3_森と海を育む_企業の森づくり実施方針.docをご覧ください。

■平成24年12月5日 企業等による県営林の整備実施要領が改正されました

 詳しくは4_企業等による県営林の整備実施要領.docをご覧ください。

こちらもご覧ください

~森と海を育む~企業の森づくり

 森林は、木材生産だけでなく、豊かな水源を育み、二酸化炭素を吸収して地球温暖化を防ぐ働きなど私たちの暮らしに欠かせない、重要な機能を有しています。しかしながら、近年では林業の採算性や山村の過疎化などにより手入れが行き届かず、森林の機能が弱まっています。

 地球温暖化や大気汚染といった地球規模の環境問題への関心が高まりつつある中で、企業のCSR活動の一環として取り組まれる『企業の森づくり』は、地球温暖化防止や生物多様性保全に加えて、社員の環境教育・福利厚生・地域交流を通した地域社会への貢献、間伐材などの地域材の利用を通したグリーン調達や新たな環境配慮商品の開発など、さまざまな形態に広がりを見せています。

「企業の森」活用方法

「企業の森」には、環境貢献、福利厚生、環境教育などの活用方法があります。

環境教育 森林と人との関わりを体験する環境教育のフィールドとして活用することで、環境保全教育に取り組む企業の姿勢が職員・地域住民など多くの人々に浸透します。

福利厚生 森林をレクリエーションやボランティア等のフィールドとすることで、社員に対する癒しの空間づくりができます。

環境貢献 地球温暖化防止など環境貢献活動の取り組みが社会全体の環境保全に繋がります。

企業の森づくりの流れ

当センターでは、『企業の森づくり』を行う企業の皆さまを支援しています。森づくりをご検討される際は、当センターまでお気軽にご相談ください。
活動方法などのご希望をもとに、活動実施までのさまざまな準備をサポートします。