• ◆長崎トヨペット㈱・ネッツトヨタ長崎㈱「ハイブリッドの森」

     活動場所:長崎市長浦町、長崎市琴海町
     活動面積:第1期 14.88ha
         :第2期 22.29ha
         :第3期  6.69ha
    協定締結日:第1期 平成22年1月20日
         :第2期 平成26年3月31日
         :第3期 平成31年4月1日
     協定期間:第1期 5年間
         :第2期 5年間
          : 第3期 5年間
     活動内容:間伐・植栽・育樹・森林環境教育

     長崎トヨペット㈱・ネッツトヨタ長崎㈱両者共同で、平成22年1月から「ハイブリッドの森」と名付けた県有林の森づくり活動(森林保全・育成)を行っています。
     第1期は14.88ha、第2期の平成25年には22.29haの森林整備を行ってきました。間伐や作業道の整備は森林組合に委託されており、その費用はハイブリッド車の販売代金の一部でまかなわれています。
     さらに第3期として、平成31年度には県営林を6.69ha増やし、間伐のほかクヌギの植栽を行い、全体で43.86haの森林づくりに取り組んでいます。 

    ◆長崎トヨペット㈱・ネッツトヨタ長崎㈱「ハイブリッドの森」に植樹しました!

     令和3年4月29日に長崎トヨペット㈱とネッツトヨタ長崎㈱の両社職員による植樹祭を開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大により中止が決定したため、5月11日に長崎南部森林組合に委託してクヌギ600本・ヒノキ24本及び桜・楓の記念植樹が完了しました。