「ふるさとの森フェスタ」は森林ボランティア活動の推進及びながさき森林環境税の周知を目的とし、県民が森林とふれあう場として開催しています。

 県民の皆さまに森林環境税の意義を知っていただくとともに、森林に興味を持っていただくことを目的としています。

令和4年度 ふるさとの森フェスタ~森であそぼう♫~を開催しました

 令和4年11月3日(祝)ながさき県民の森オートキャンプ場において「ふるさとの森フェスタ ~森で遊ぼう♫~」を開催しました。
当日は爽やかな秋晴れの下、森林ボランティア団体などの協力により、竹細工・薪割り・自然クラフト・木工クラフト・木の乗り物・きこりなどの体験ブース、うどんやカレー・コーヒー・椎茸などの飲食販売ブースが出展(店)しました。そのほか、ハーベスタ(林業機械)やオールデンカー、キャンピングカーの展示など23ブースが集結し、キャンプ場内は400名を超える参加者で大賑わい。
 特設ステージでは、トランペット・ピアノ演奏、森の紙芝居クイズ・丸太積み上げ大会・フォトコンテスト授賞式やNBCラジオの公開生放送があり、パーソナリティ川瀬隆史さんと長崎県林政課永田明広課長の対談も行われ、大人も子どもも森林を大満喫!!の一日となりました。
 ご協力をいただきました皆さまありがとうございました。