フォレストマスター平田真梨さんを派遣しました

 令和3年11月21日(日)、フォレストマスターの平田真梨さんをがまだすドーム(雲仙岳災害記念館)へ派遣して、来場者に対してネイチャーゲームを通じて身近な自然に親しむ活動を指導していただきました。
・がまだすドームの野外に出て、秋の公園を散歩し、「おなじものを見つけよう」で自然物を観察し関心を持つ活動。
・実りの秋をテーマに、実や種についてみんなで話し、命をつなぐ工夫(鳥や風に種を運んでもらう)を紹介。

~フォレストマスター紹介~
平田真梨さん
ネイチャーゲームリーダーの資格を持ち、令和元年12月から、がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)でネイチャーゲームを2か月に1回実施しており、その他にもネイチャーゲームのイベントスタッフとして年数回活動されています。

(平田さんより一言)
ネイチャーゲームでは、大人が子供に一方的に知識を教えるよりも、大人も子どもとともに自然を感じ、自然から得た体験や感動を分かち合うことを大切にしています。身近な自然を分かち合い自然も人も大切なことに気づく活動を目指します。

講師依頼をご希望の方は長崎県森林ボランティア支援センターへご連絡ください。

長崎県森林ボランティア支援センター TEL 095-895-8655

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です